横浜中華街雅デンタルクリニック

TEL:045-664-5420

〒187-0024
神奈川県横浜市中区山下町97
一石屋ビル 3F

歯周病治療

periodontal-disease

歯

歯を失う一番の原因は歯周病です。程度の差こそあれ、日本人の成人の約8割は歯周病にかかっているといわれています。適切なセルフケアと定期的な歯科健診で歯周病を予防しましょう。

歯ぐきについてこんな悩みありませんか?

✓歯ぐきが腫れている。

✓歯みがきをすると歯ぐきから出血する。

✓歯が長くなってきた気がする。

歯ぐきについてこんな悩みありませんか?

歯周病とは

歯周病とは、細菌による炎症性疾患で、歯ぐきや歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。

歯周病の原因は歯垢(プラーク)。歯垢(プラーク)は、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に棲みつき、歯垢(プラーク)中の細菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症が起き、歯周病を引き起こします。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石といわれるものに変化し、歯の表面に強固に付着します。歯垢(プラーク)はブラッシングだけでは取り除くことができず、歯石の中や周囲に細菌が入り込み、歯周病をさらに進行させます。

歯周病は進行すると膿が出たり、歯がぐらぐらしてきたりして、最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病が怖いのは、初期段階ではっきりとした自覚症状が現れづらいということ。自覚症状が出る頃には歯周病がかなり進行してしまっているということが多くあります。

歯周病とは

歯周病の進行

STAGE1 健康な歯

歯ぐきがしっかりと引き締まっている。

歯ぐきがピンク色をしていて、弾力がある。

歯みがきなどによる出血がない。

STAGE2

歯ぐきがしっかりと引き締まっている。

歯ぐきに赤い部分が出てくる。

歯をみがくと出血する。

歯が浮いたような感じがする。

歯ぐきにかゆみを感じる。

STAGE3

歯ぐきが赤くはれて痛むことがある。

歯ぐきから血や膿みが出ることがある。

口臭が気になる。

冷たい物を食べると歯がしみる(知覚過敏)。

STAGE4 歯肉炎重症

歯ぐきがブヨブヨして血や膿みが出る。

歯がぐらぐらする。

口臭がひどくなる。

食べ物をかみづらい。

歯周病の進行

歯周病のセルフチェック

歯周病を予防するためには、自分の歯の状態を把握することが大切です。以下のチャックリストで当てはまる項目があったら要注意。歯科医院での検診をおすすめします。

1、歯ぐきの色が赤い、もしくはどす黒い。

2、歯と歯の間の歯肉が丸く、腫れぼったい。

3、歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい。

4、疲労時やストレスがあると歯ぐきが腫れやすい。

5、歯と歯の間にすき間ができてきた。

6、歯がのびてきた感じがする。

7、歯の表面を舌でさわるとザラザラしている。

8、歯みがきすると出血することがある。

9、起床時、口の中がネバネバしている。

10、人から口臭があるといわれる。

11、歯ぐきを押すと白い膿が出てくる。

12、上顎の前歯が出てきた。

13、歯がぐらぐらする。

歯周病の治療の流れ

歯周病の治療で大切なのは、ご自身による日常の歯みがきなどのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアです。

さらに、毎食後歯みがきをする、ダラダラ食べる習慣をやめる……など、食習慣、生活習慣を見直すことも重要になってきます。また、喫煙は歯周病を引き起こす一因でもあり、喫煙の習慣のある方は禁煙するようお伝えします。

STEP1 検査・カウンセリング

歯周ポケットの深さや歯のぐらつき度合い、レントゲンによる骨の検査などをおこない、歯周病の状態を把握します。

STEP2 ブラッシング指導(プラークコントロール)

歯科医師または歯科衛生士がひとりひとりのお口に合わせ、ブラッシング指導します。

STEP3 歯の表面の歯石除去

超音波スケーラーという専用の機械を使用して、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)や歯石を取り除いていきます。

STEP4 歯周ポケットの歯石除去

中程度以上の歯周病には、歯周ポケットの歯石除去が必要となります。

歯周ポケットの奥に溜まっている歯石を除去し、歯周ポケット内の汚れを取り除くことで歯と歯肉がくっつき、歯周ポケットが浅くなります。

STEP5 外科的な治療(フラップ手術)

歯周ポケットが7㎜以上の重度歯周病で、これまでの基本治療では回復が見られなかった場合、外科的治療としてフラップ手術をおこないます。歯茎を切開し、骨に付着した汚れやダメージを受けた歯肉などを除去し、歯肉を元に戻します。

STEP6 定期検診

3~6か月間隔での定期検診をおすすめします。

【Q&A】歯周病よくある質問

Q 歯ぐきから出血するのは歯周病だからですか?

A 歯ぐきから出血したら、歯周病である可能性が高いです。歯周病は自分では判断しにくい病気ですので、早いうちに歯科医院で検査されることをおすすめします。

Q きちんと歯みがきをしているのに歯周病になってしまったのはどうしてですか?

A 毎日、歯みがきをしていても歯ブラシが届かずみがかれていない箇所が多くあるものです。そこに歯垢(プラーク)が溜まってしまい、歯周病になってしまいます。

Q 歯周病になるとほかの病気にもなりやすくなるって本当ですか?

A 近年、歯周病とさまざまな全身疾患との関連性が明らかになってきています。糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などです。まさに歯周病は万病のもと。お口の健康だけでなく、健康な体のためにも歯周病を甘く見ず、適切な治療を受けるようにしましょう。

何かご質問やお困りのことがありましたら、当院スタッフまでお気軽にご相談ください。

まとめ

歯周病は毎日のセルフケアと歯科医院でのメンテナンスで予防することができる病気です。