横浜中華街雅デンタルクリニック

TEL:045-664-5420

〒187-0024
神奈川県横浜市中区山下町97
一石屋ビル 3F

虫歯

decay

歯

虫歯

夏休みと虫歯について

元町・中華街の歯科、横浜中華街雅デンタルクリニックです。
今回のテーマは、「夏休みと虫歯について」です。
子どもたちの夏休みが始まりましたね。ところで、「夏休み虫歯」という言葉をご存じですか?

実は、夏休みは生活が不規則になるために歯みがきがおろそかになったり、おやつをダラダラと食べたりして、虫歯になりやすい期間でもあります。

そこで今回は、夏休みのお子様が虫歯にならないためのポイントをご紹介しましょう。

1、夏休みに虫歯が増える原因

・生活習慣の乱れ

夏休みになるとしてしまうのが夜ふかし。ゲームに夢中になってつい歯をみがかずに寝てしまった、なんてことも夏休みには増えてしまうと思います。

でも、寝ているときは唾液の量が減り、口の中で細菌が繁殖し、活発に活動する虫歯のゴールデンタイムともいえる時間。歯みがきをしないで寝てしまうと虫歯になるリスクがぐんと高くなってしまうのです。

・食習慣の乱れ

夏休みは暑いからといってジュースを飲んだり、アイスを食べたりする回数が増えます。ジュースやアイスには、虫歯菌が喜ぶ砂糖分が思っている以上に使われていて、歯を溶かしていきます。

また、夏休みは暑いからといって家で過ごす時間が増えます。すると、どうしてもダラダラとお菓子などを食べてしまい、虫歯を増やす一因となります。

そしてもうひとつが部活などでのスポーツ飲料の多飲。熱中症を防ぐのに大切なスポーツ飲料ですが、一方で虫歯の引き金になるということを覚えておきましょう。

2、「夏休み虫歯」を防ぐには

・ジュースのあとは口をゆすぐ

虫歯を防ぐために、ジュースやアイス、スポーツ飲料などを摂るな、というのではありません。

甘いものが入ったお口のなかは酸性に傾いているので、大事なのはジュースを飲んだらお口のなかを中和すること。その都度歯みがきをするのが理想ですが、それもなかなかむずかしいので、ジュースを飲んだり、アイスを食べたりしたら口をゆすぐ習慣を身につけさせましょう。

また、水分をジュースなどで摂るのではなく、水や麦茶などで摂ることに少しずつ慣れるように心がけることも大切です。

・ダラダラ食べない

もちろん、お菓子なども食べてかまいません。ただし、休みだからといってダラダラと、いつでも、いつまでも食べるのは禁物です。おやつは時間と回数を決め、食べ終わったら歯をみがくようにします。

・歯科検診のすすめ

夏休みは時間がありますから、そんなときこそ歯科検診を受けることをおすすめします。虫歯のリスクを減らすには、お子様のフッ素塗布も効果的です。

まとめ

いかがでしたか?

最後に、「夏休みと虫歯について」まとめます。

「夏休み虫歯」という言葉があるように、夏休みは虫歯のリスクが高まります。

その原因は、夜ふかしして歯みがきをしないで寝てしまった、ジュースやスポーツ飲料を飲んだり、アイスを食べたりする回数が増える、おやつをダラダラ食べる、などです。

そうした夏休み虫歯を防ぐには、生活習慣を乱さない、ジュースを飲んだら口をゆすぐ、おやつは時間や回数を決め、食べたら歯みがきをすること。

そして、時間がある夏休みこそ歯科検診でお子様のお口のなかをチェックする、フッ素塗布をするのがおすすめです。

元町・中華街
横浜中華街雅デンタルクリニック